貿易摩擦/為替が焦点【G20開幕】

みなさんこんにちは。澤村です。
今年は例年以上の暑さということで毎日暑い日が続いていますが熱中症などに気を付けていますか?
水分などをしっかり取り、対策していきましょうね!。

さっそくではありますが、【G20】が今回も開幕しましたね。

日米欧に新興国を加えた20カ国・地域【G20】財務相・中央銀行総裁会議は21日、
アルゼンチン・ブエノスアイレスで開幕しました。

2日間の日程で行われ22日に共同声明を採択して閉幕する予定です。

開幕した【G20】ではトランプ米政権の保護主義で深刻化する通商問題が最大の議題となりそうですね。
開幕直前にトランプ大統領が中国・欧州の通貨安を批判して浮上した通貨問題も焦点でしょう。
米国と他国の対立が深まる中、【G20】が協調姿勢を示せるかは見通せません。

保護主義姿勢を強める米国には欧州連合(EU)も反発しており、どこまで歩み寄り、世界経済への悪影響を食い止められるかが焦点となるでしょう。

【G20】に合わせ先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議も開かれます。
日本は麻生太郎財務相と日銀の黒田東彦総裁が出席しており、黒田氏は開幕に先立ち貿易摩擦に関し「エスカレーションが収まる議論ができればいい」と記者団に述べています。

米政権が仕掛けた各国との通商摩擦は、今月初めに知財侵害を巡り米国が中国製品に高関税を発動し中国が報復したことで過激さを増しています。。。

さらに19~20日、トランプ氏は中国や欧州連合(EU)が貿易面で有利になるよう自国通貨を安く誘導していると批判し、
米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げにも不満を示しています。
また20日にはトランプ米大統領がツイッターでドル高を牽制。
【G20】でもドル高是正が争点となり、米国が各国に低金利政策の転換を求めるのではとの見方も浮上しています。

【G20】会議は4月のワシントン開催以来3カ月ぶりとなります。
この間米国は鉄鋼の輸入制限をEUやカナダなどにも広げたほか、7月には知的財産権侵害を理由に対中制裁に踏み切りました。
各国が報復措置を取る事態となっています。

【G20】では、米国の利上げで新興国から高金利のドルに資金が流出する問題も話し合うといわれています。
トランプ氏の動きに呼応して経済基盤の弱い新興国でも中央銀行の独立性が侵されれば、インフレ懸念が広がりかねません。
国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は21日の記者会見で、トランプ氏の動きについて問われ「IMFは中央銀行の独立性を重視している」と釘を刺しました。
通貨安による経済不安から、IMFの金融支援を受けることになったアルゼンチンについても「安定実現には中央銀行の独立性がカギだ」と指摘しています。

会議ではアメリカの保護主義的な政策に端を発した貿易摩擦への対応に加え、
トランプ大統領が今の為替水準はドル高で輸出に不利になっているとして強い不満を示したことで為替をめぐっても意見が交わされる見通しです。

アメリカのトランプ政権は今月に入って340億ドル規模の中国製品に関税を上乗せする制裁措置を発動し、
中国もアメリカからの輸入品に報復の関税をかけるなど、対立が深まっています。

さらにトランプ政権は日本やEU=ヨーロッパ連合から輸入している自動車や自動車部品への関税の引き上げを検討していて、
アメリカに端を発した貿易摩擦はさらに拡大するおそれが強まっています。

このためアメリカやEUなどに加えて中国やメキシコ、
それにインドなどの新興国が参加するG20の会合では貿易摩擦への対応が大きな焦点となる見通しです。

またトランプ大統領は20日、ツイッターに「中国やEUなどは為替を操作してきた」と投稿。
今の為替水準はドル高で輸出に不利になっているとして強い不満を示し、
貿易赤字の削減に向け関税の引き上げに加えドル高への対応を検討する構えを見せています。

このため、会議では貿易摩擦への対応に加え為替をめぐっても意見が交わされる見通しです。

明日の会議でどのような決議になるのか注目が集まりますが、もう一悶着ありそうな感じはしますよね。。
まずは【G20】が協調姿勢を示し、明確な答えを出してくれる事を期待したいと思います。

複雑な話になってはしまいましたが、最後まで拝読していただきありがとうございました。
今日はこの辺で失礼させていただきます。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です