ワールドカップと共に【仮想通貨業界】

みなさんこんばんは。

待ちに待ったワールドカップ、残り試合も少なくなってきましたね。
私もそうですがみなさんも寝不足ではないでしょうか。
日本代表の選手たちも素晴らしいプレーで私たちを楽しませてくれたと思います。

本日はそのワールドカップに伴って仮想通貨も注目されているというお話しです。

2018年6月14日から7月15日にかけて、ロシアで世界的な注目を浴びているFIFAワールドカップが開催されています。

もちろん多くのサッカーファンにとって大注目のイベントですが
【仮想通貨業界】にとっても注目すべきイベントになっているのです。

法定通貨のように国境や政府の影響を受けること無く世界のどこでも利用できるのは
ビットコインをはじめとした仮想通貨の大きなメリットでしょう。

実は世界中からワールドカップ観戦に訪れる観光客のために、
試合が行われる街の宿泊施設などでビットコイン決済を取り入れる動きが広まっています。

つまり、世界的なイベントであるワールドカップでビットコインが実利用されているということです。
これは仮想通貨が持つ魅力を一般の人たちにも広めるきっかけになると思いませんか?

もちろんビットコインには手数料の高さや処理速度の遅さなどのちょっとしたデメリットは正直あります。
しかしどちらにせよワールドカップ期間にビットコインへの注目が集まる可能性は非常に高いと私澤村は踏んでいます。

良い面も悪い面も含めて、
仮想通貨を実生活で利用するモデルケースが広まることは
【仮想通貨業界】にとって良いニュースといえるのではないでしょうか。

ロシアではワールドカップに合わせて仮想通貨に関わる法案を採用する見込みとなっています。
これは仮想通貨・ブロックチェーン技術・マイニング事業・ICOを定義して合法化する法案です。

これはワールドカップ期間に仮想通貨の利用について法整備をするためと考えられますが、
同時にロシアで仮想通貨が合法化されることになるので【仮想通貨業界】にとって追い風になるでしょう。

今後、仮想通貨の時代になっていくと言われているだけあるのではないかと思います。
このように色々な方面で仮想通貨が評価され、注目を浴びていることはすごく良い事だと私は感じています。

ますますこれからの仮想通貨市場に期待が持て、楽しみになりますよね(^^)
本日も最後まで拝読していただきありがとうございました。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です