人生を変える【一攫千金】

みなさんこんにちは。澤村です。
なもなく5月も終わりに近づき、一ヶ月があっという間に感じています。

さっそくなんですが、みなさん仮想通貨関連のニュースは見ているでしょうか。
去年分の所得の確定申告をした人のうち、去年1年間に公的年金を除く雑所得の収入が1億円以上あったのが549人で、この549人のうち仮想通貨の取引で1億円以上の収入があったのが331人だったと国税庁のまとめでわかりました。

仮想通貨の高騰で1億円以上の資産を築いた人が、ヒット映画の題名をもじった【億り人】と呼ばれて話題となるなどしており、仮想通貨の業界関係者は「昨年の高騰や広がりを踏まえると少なすぎるという印象。申告しなかった人もかなりいるのではないか」と指摘しています。

仮想通貨の取引で1億円以上の収入があったと見られる人が300人を超えたことについて、仮想通貨に詳しい麗澤大学の中島真志教授は「1億円以上の利益が出た人は【億り人】」と言われるが、仮想通貨に投資しているのは200万人から350万人いるとされているので、ごく一部だといわれています。

日本仮想通貨交換業協会によると、主な仮想通貨の国内取引金額は17年度に約69兆円と、前年度の20倍に増加しており、18年3月時点の取引口座数は延べ350万にまで拡大しているといいます。

国税庁としても、仮想通貨に関連する納税環境の整備に本格的に乗り出したのは17年からで、同年8月に仮想通貨で得た所得は原則「雑所得」に該当するという見解を公表しています。
同年12月には仮想通貨を別の仮想通貨と交換した場合の所得の計算方法などを具体的に例示し、適正申告を呼びかけています。

課題の一つとして挙がっているのが、申告の前提となる取引データの内容や形式が仮想通貨交換会社ごとにバラバラなことで、業界関係者によると、交換会社によっては取引データを見ても個別の取引記録が売却なのか購入なのか区別できなかったり、取引履歴を取得できる件数に上限が設けられたりしていることもあったということです。

去年、ブームが始まる前に多額の仮想通貨を買い、上昇局面で売り抜けた人に限られるということだろうとも言われています。

日本国内だけでなく、世界中で多くの人々が【億り人】になっているのは、ごく一部の人しか知りえない、貴重な情報を一早く、手にしていると僕は考えます。

「仮想通貨 億り人」の画像検索結果

そんな貴重な情報を手にして、貴方も【億り人】を目指してみませんか?
一歩を踏み出すかどうかは貴方次第です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です