公開文書【ホワイトペーパーとは】

みなさんこんにちは。澤村です。
ゴールデンウィークも目の前ですがみなさんどうお過ごしされるかワクワクされているのではないでしょうか。

その前に、本日は【ホワイトペーパー】についてお話させていただこうと思います。

【ホワイトペーパー】とは、仮想通貨の発行前に公表される公開文書のことです。

【ホワイトペーパー】は、もともとは政府や公的機関による年次報告書つまり「白書」を意味しました。しかし近年では マーケティング用語としても用いられており、特定の技術や商品について売り込む目的で、調査と関連付けて利点や長所をアピールする記載がなされることが特徴です。

仮想通貨において【ホワイトペーパー】はその仮想通貨の企画や構想、そして技術的な内容を網羅している事が多く、特に仮想通貨発行前に仮想通貨を知ってもらう為の公開文書の意味を持っています。

【ホワイトペーパー】を読むことによってその仮想通貨がどのようなものなのかを知る事ができ、ICOという仮想通貨のプレセールに参加する際は【ホワイトペーパー】を参考にして参加するかどうか決めるといった位置づけが現在ではあります。

このように、【ホワイトペーパー】とは「特定の技術、商品の利点を理解する」ために存在するものとなります。なので【ホワイトペーパー】は特定の商品、会社を理解するためにはこれを読むことが非常に重要となっているのです。

ICOをしたい企業は企業の顔とも言えるホームページを作成し以下の内容が書いてある【ホワイトペーパー】を公開します。

「そのコインまたはトークンを発行した意義、そのコイン・トークンにはどのような価値があるのか、販売方法や配布方法はどうするのか」、主にこのような内容が書かれています。
これを読み投資家達は投資をするか否かを決定するのです。

なんども述べた通りにICOを投資家達がするか否かを決定する際にはホワイトペーパーが非常に重要となります。

ICOはサービス開始前に資金を調達するためのもので資金を集めるだけ集めてサービスの開発がなされなかったり、そもそも開発する気がないなどの問題が発覚する恐れもあります。

このようなリスクを軽減してくれるものになっており、ここには仮想通貨の概要などを示した報告書である【ホワイトペーパー】が公開されます。

【ホワイトペーパー】は事業計画書を書いた報告書であるので、その中には先ほど述べたような「その仮想通貨の企画や構想、技術的な内容」が記されています。

この【ホワイトペーパー】には技術的な内容について注目しておくべきで、その【ホワイトペーパー】から実現可能なのかどうかを予想することができるのです。

この中にはどのように集めた資金を使用するか、配当はどうするかも記載もあることが多いのでしっかり確認することが大切です。

発行に至るまでの背景や構想、技術面などを説明したものが多く、投資家がICOに参加する際の参考資料などとして使用されます。

気になるICOがあれば、まず初めに【ホワイトペーパー】を熟読する事が必須になると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です