歴史を変える【記録の革命】

みなさんこんにちは。澤村です。

さっそくですが、
仮想通貨は「記録の革命」と表現されることがあるのをご存知でしょうか。

これはブロックチェーンの技術が今までの通貨の概念を根底から覆したからです。

従来は政府が承認していた「通貨」という概念が21世紀は仮想通貨の登場で全く新しい形になる可能性があります。そして、すでに銀行間手数料やマイニングや利用拡大の期待感による値上がりを記録し、投資の商品として米国や日本の個人投資家から高く評価されています。

これまで時代と共に、新しい取引形態が生まれてきました。ヨーロッパから東南アジアの海路が見つかり、貿易に莫大な利益が生まれることを知った当時の投資家たちは「株式会社」を設立し、それが世界で始めての「株券」の歴史とされています。

リスクを分散し、富を共有することで通貨や投資という形は時代と共に洗練され、新しい概念と多くの人々に恩恵をもたらしてきました。20世紀になり、コンピュータやインターネットの登場により、新しい情報や投資、通貨や国際間取引のあり方はめまぐるしく変わり、そして洗練されてきたのです。

21世紀で「記録の革命」と呼ばれる仮想通貨は別名「暗号通貨」とも呼ばれています。従来の通貨は、政府が通貨を発行、管理し、為替相場を通じて取引されています。

それが「世界中のユーザーが相互に管理」することによって成立した仮想通過はまさに、新しい通貨という記録のあり方を我々に提示してくれているのではないでしょうか。

仮想通貨といえば「ビットコイン」の名前が初めにをあがると思いますが、私も仮想通貨を学び、扱う中で、その通貨の特性や利便性、安全管理の方法を見ると、どれも複雑ながら最先端の高等数学の技術と、インターネットで結ばれた大多数のユーザーによる共有管理などを使った独自の手法で通貨の安全性を担保した技術に驚かされます。

従来の通貨は、在住する国の方が、自分の国の通貨を基準として資産を計ることが一般的ですが、仮想通貨はそれぞれの通貨をユーザーが信頼し合い、そして使い続けることによって評価され、その価値が担保されているという、全く新しい「記録の革命」といえるのです。

現在、日本国内では上場企業の電化製品の販売を主体とした会社、インターネットでの商品の決済、国際間での送金など、様々な用途で仮想通貨は使用され、その市場規模は拡大の一途をたどっていると言えるでしょう。

この流れはまさに通貨という概念の「記録の革命」であり、紙幣や国家の信用に頼ってきた通貨自体のあり方を全く変える新しい時代の到来を予感させるものではないかと私澤村は考えております。
「革命」の画像検索結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です