次世代のテクノロジー【ブロックチェーン】

【ブロックチェーン】の将来性についてなのですがインターネットが普及した時代に続く革命だと、私澤村は考えています。
【ブロックチェーン】とはビットコインから生まれた次世代のテクノロジー。

【ブロックチェーン】とは、ビットコインの中核となる「取引データ」技術のことを指します。取引のデータ(履歴)を「トランザクション」と呼び、そして、複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と言います。このブロックが連なるように保存された状態が【ブロックチェーン】なのです。

メディアを通して頻繁に耳にすることが増えた【ブロックチェーン】ですが、具体的にどのような技術なのでしょうか。

【ブロックチェーン】は分散して管理されるのが特徴で、ビットコインを利用しているあらゆるユーザーのコンピューターに保存されます。銀行のような特定の管理機関がないため、権限が一箇所に集中することもありません。
そのためシステム障害に強く、かつ低コストで金融サービスが運用できると期待されているのです。

また、プライベート型の【ブロックチェーン】は、そういったメリットをいかしつつ特定の管理者を置けることから企業での決済サービス運用などの活用が期待されています。
【ブロックチェーン】の活用は、金融サービスに大きなメリットをもたらすとも言われています。

【ブロックチェーン】は、仮想通貨などフィンテックを語る上で欠かせない技術です。政府や銀行などが介入せず、取引に関するデータが分散し、すべての人がデータを確認できることから改ざんが起こりにくいというメリットもあるのです。

【ブロックチェーン】技術は、膨大なコストを払って構築してきた中央集権的な第三者機関(中央機関)を不要とするものであり、信用を担保するビジネスや、高度なセキュリティが求められる様々なビジネスへ応用ができるのです。

さらに、その分散型ネットワークへ参加するのに、冗長的な情報システム、運営、メンテナンス費用、維持するための従業員を必要としないので安価に構築することができるのです。

これが、そう遠くない未来、私たちの身近に起こるブロックチェーン革命だと私は思っております。
インターネットが世の中を変えたように、【ブロックチェーン】技術も世の中に大きな影響を及ぼそうとしているのです。

今後は、法整備も進みつつ、ブロックチェーン技術はますます勢い付いていくことが予想されると考えています。
その革新性はAI(人工知識)と並ぶとも言われています。

もともとはビットコインが管理者不在のプログラムだけで動く性質を成立させる為に誕生したのですが、現在では、ビットコインの技術から、この【ブロックチェーン】のみを取り出して決済以外でも公証など幅広い分野で利用しようとする動きが広まっています。

この先の未来、私たちが生きていく中でも必要不可欠なものになっていくのではないかと私澤村は感じております。

小難しい話しになってしまいましたが、最後まで拝読していただきありがとうございました。
本日はこの辺で失礼させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です