これからに期待【アルトコイン】

みなさんこんにちわ。澤村です。
あっという間に1月も終わり、2月になりましたね。

今日は【アルトコイン】についてお話させていただきたいと思います。

ビットコインで有名な仮想通貨ですが、【アルトコイン】という言葉は聞いたことがあってもどうゆうものなのかというのは詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
実際日本では仮想通貨=ビットコインといったイメージをされる方がたくさんいらっしゃると思います。

【アルトコイン】とはビットコイン以外の仮想通貨の総称のことで、1つの仮想通貨のことを指しているわけではありません。
その語源は、「Alternative Coin」すなわち「代替的なコイン」という言葉の略称に由来しています。

世界各地で様々な種類の仮想通貨が発行されてはいるものの、根本的な仕組みはビットコインのものと大きく違いはありません。こうしたビットコイン以外の仮想通貨のことを、多くの場合【アルトコイン】と呼んでいます。

「アルトコイン」の画像検索結果

【アルトコイン】はビットコインの欠点を改善するために開発されたものや、決算手段以外の目的の為に開発されたものなどさまざまなコインが存在しています。

現在【アルトコイン】は1300種類以上存在しており、【アルトコイン】の中でも特に有名なのが「イーサリアム、リップル、ライトコイン、ネム」など聞いたことがあるのではないでしょうか。

冒頭でもお話した通り、【アルトコイン】とはビットコイン以外の仮想通貨を指す言葉です。

そのため通貨によって値段は様々で、通貨1単位でも数万円規模の高額になるものから、ほとんど価値のないものまで価格帯には銘柄によって大きなバラツキがあります。
まだまだ発展途上の仮想通貨も多いので、それゆえ大きな可能性があるのも特徴の一つではないかと思います。

今まで仮想通貨といえば、ビットコインしかイメージが湧かなかったみなさんもここまで読んでくると、仮想通貨全体についてなんとなくイメージが膨らんできたのではないでしょうか。

現在、多くの【アルトコイン】は投機目的で利用されているものがほとんどですが、日常生活の分野での活用が検討されているともいわれています。

ビットコインに比べればまだまだ一般的な認知度が低い【アルトコイン】ですが、ビットコインが抱える不便さを克服した便利なものもたくさんあります。「イーサリアムやリップル、ネム」を筆頭に今後の成長に期待が高まってきています。

価格のアップダウンが激しいものも多いので、投資を行う際にはあらゆる仮想通貨に分散させてリスクを軽減することや、長期的な視点でじっくり値上がりを待ってみることがポイントになるのではないかと思います。

自分の目的にあった【アルトコイン】を探してみて、試しに購入したりしてみることでその通貨の成長も見ることができ、楽しいのではないのかなと思います。

私のブログを拝見していただいているみなさんに少しなりとも仮想通貨に対して興味を持っていただいたり、知識として活用していただけたらものすごく幸いです。
本日も最後まで拝見していただきまことにありがとうございました。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です