仮想通貨の将来性【ICOとは】

みなさんこんにちわ。澤村です。

仮想通貨の人気とともに注目を集めてる【ICO】。
今日はその【ICO】について、仮想通貨との違いや仕組みについてお話しさせていただこうと思います。
「ICO」の画像検索結果

【ICO】とは( Initial coin offering・イニシャルコインオファリング)の略称で、「クラウドセール」と呼ばれる場合もあります。企業がトークンと呼ばれる仮想通貨を独自で発行し、そのトークンを個人に購入してもらうことで資金を調達する仕組みです。

【ICO】の仕組みと流れを簡単に説明すると、
「新サービスの誕生」「サービスの開発・展開に必要な資金の調達のためのクラウドセール」「クラウドセール(資金調達)のために新コインを販売」という流れになります。

実は「新サービスの展開のために資金調達をする」という仕組みは「クラウドファンディング」というほぼ同じ仕組みがすでに存在します。

すでにあるサービスにも関わらず、なぜ【ICO】はここまで注目を集めているのでしょうか。

新サービスを開発して資金調達を行うならクラウドファンディングでも良いんじゃないのかと思われる方もいらっしゃると思います。

違いや仕組みがわからなければ、そう考えてしまうのも無理はありません。
【ICO】とクラウドファンディングの違いについて解説すると、【ICO】とクラウドファンディングの違いは「資金調達までのコストが 10分の1 まで圧縮される」という部分です。

クラウドファンディングなどの従来型の資金調達の場合、株式公開の手続きや資金調達の手続きなど、様々な「時間的コスト、労力的なコスト」がかかっています。
この場合、資金提供を行なってくれる会社との「上下関係」が出来てしまい、お伺いを立てなければならなかったり、サービス開発以外のコストがかかってくるので「サービスの純粋性」が損なわれてしまいます。

その点、【ICO】ならそれらを全て自社のみで行えるので、「サービス研究・開発に集中できる」という点でメリットが大きくなります。
また、投資家としても「株式」のような「流通量」が限定されるものよりも、「コイン」のように気軽に扱え、ビットコインなどと交換ができ、流通が活発な投資物の方が「資産形成・管理コスト」が軽減されます。

このように【ICO】にはこれまでの「投資」よりも大きな可能性を秘めており、多くのアナリスト・投資家・起業家が「今までのクラウドファンディングなどの投資方法を【ICO】が超える日も近い」と予測されているのです。

【ICO】は簡単に言ってしまえば、「新しいサービスとそれに紐づいた新コインを発行するから購入してね。」ということなのです。
イーサリアムであれば「イーサリアム・ブロックチェーン」というシステムを開発して運用します。
そして、それに紐づいた「イーサリアムという新コイン」を発行するので、投資しませんか?ということになります。

投資家の視点で見れば「イーサリアム・ブロックチェーンのサービスが高品質なら当然、イーサリアムの価格も上昇するだろう」ということです。
【ICO】には「新サービス」と「新コイン」が必ずセットになっています。

多くの人が「新コイン」ばかりに目を奪われますが、実は「新サービス」の方が重要なのです。
新サービスが画期的で、世の中を変えるほどのインパクトがあるのであれば、それに紐づいているコインの価値も上がり、自然と価格は上昇し【ICO】への投資は成功します。
つまり、【ICO】投資で上手くいくかどうか(その新コインの価格が上昇するかどうか)は「そのサービスが本当に革新的なのか」というところにかかっているということですね。

今までで最も【ICO】で成功した仮想通貨が「イーサリアム」です。
実は「イーサリアム」も元々は、現在多く発行されている「アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)」と同じ立ち位置でした。

イーサリアムが【ICO】を行なったのは2014年7月と実はまだ 3年程しか経っていません。
当時のイーサリアムの価格は「1ETH=16円」です。
当時、1万円分でもイーサリアムを購入した人は現在、数千万円分のイーサリアムを保有していることになるのですごいことですよね。

もちろん、これにはイーサリアムの「スマートコントラクト」という確かなサービスがあるからこその上昇率であり、まだまだイーサリアムも発展途上なので、これから何倍にもなる可能性は十分にあると言えます。

【ICO】は発行者(ICOを行う企業)が独自にトークンという通貨を発行し、投資家はそれをビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で購入することで資金を調達が行われます。
「ビットコイン」や「イーサリアム」といった仮想通貨は、トークンを購入するための通貨というわけです。

「ICO」の画像検索結果

今後、国単位ではなく世界的な規模で協力体制が構築される可能性は大いにあり将来性に期待が持てるのではないでしょうか。
そうなると、ますます今後の動きに注目が集まり、仮想通貨市場が発展していくと私澤村は考えています。

本日も話が長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です