仮想通貨で決済を【三菱UFJグループ】

みなさんこんにちわ。澤村です。

三菱UFJフィナンシャルグループが仮想通貨ビットコインで使われる技術を使った、決済システム「MUFGコイン」というのを発表しました。

銀行口座のお金を「1円=1コイン」で両替し、スマートフォンで簡単に支払えるというものだそうです。

日本有数のメガバンクである三菱UFJフィナンシャル・グループがブロックチェーン技術を活用した仮想通貨を発行するという事で、仮想通貨に詳しくない方でも気にならない方が少ないのではないでしょうか。
「mufgコイン」の画像検索結果
そもそも「MUFGコイン」とは何なのか、何のために開発されたのか気になりませんか。

「MUFGコイン」とは、日本の主要なメガバンクの一つである三菱UFJフィナンシャル・グループがブロックチェーン技術を活用して開発している仮想通貨です。

我々消費者がスマートフォンにアプリをダウンロードすると、そのアプリだけで送金や買い物の際の代金の支払いの際にMUFGコインを使用する事ができるようになる予定です。

また、従来の金融システムと違ってブロックチェーンを利用することで瞬時に送金できたり手数料が大幅に安くなるという特徴があると言われています。

現在「仮想通貨」という技術に対して一般消費者の不安は大きいと考えられますが、1コイン=約1円で安定させることにより利用者が安心して「MUFGコイン」を使用できるようにする事を目的としています。

そもそも、皆さんは日本の現金決済のシステムを維持するのに年間2兆円かかっていることをご存知でしょうか?現在、日本金融機関すべての取引ができるATMが約20万台もの台数が日本に存在しています。

ATM一台はおよそ300万円、警備や監視システムは1台につき1ヶ月で30万円かかると言われています。
それだけ高額なATMを大量に設置しておくのにはもちろん多額のコストが発生し、ATMの管理・維持コストが膨大なのが想像できます。

つまり、多額のコストがかかる現金決済を減らしてキャッシュレス化を進めることでコスト削減を図るという目的が存在するのではと私は考えています。

また、キャッシュレス化によるコスト削減だけでなく、ブロックチェーンを利用することによって利便性が向上し、結果としてコスト削減に繋がることも考えられるのではないでしょうか。

メガバンクのリストラなどが度々報道される現在銀行は各所でコストを削減して効率的な経営を目指しているということは明らかだと思います。

それらを踏まえて、自動販売機を使い、スマホアプリで口座のお金をコインに交換。スマホに表示したQRコードを読み込ませて自動販売機の水を買う実演もされたそうです。
「mufgコイン 実験」の画像検索結果
使われるのはビットコインで使われる「ブロックチェーン」だそうです。

従来の銀行決済とは異なり大型の中央コンピューターが不要で、低コスト構築したシステムで即時決済ができるようになってるのです。

社員1500人でコインを使う実証実験を進めていて、今年度中にもその範囲を全社員に広げ、実用化に向けて検証を進めると発表しています。

仮想通貨の必要性がどんどん高まり、現金を持ち歩かなくても生活ができる時代になっていくのかもしれませんね。

ますます、今後の仮想通貨に注目が集まり、期待が持てますね。

私自身も色々調べていく中で、しっかりとした目的意識・危機意識のもとで開発が進められているなと感じましたし、メガバンクのレベルの高さをひしひしと感じました。

皆さんもメガバンクが発行する通貨をきっかけに、お金というものについて考えてみるのも良いかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です